おもに弁当記録の つれづれ日記

スポンサードリンク


しめ鯖とアルパカ白の相性が駄目だった件

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

友人とこんな話をした。

今夜のアテはしめ鯖にしよう!気分は白ワインなんだけど、合うよね?魚だから白ワインよね。

友人の栄子

ちょっと待って!

赤ワイン無いの?

博士の相方

しめ鯖と白ワインを合わせたら・・

なんでよ。しめ鯖よ?

魚なんだから、赤じゃなくて白じゃない。

友人の栄子

そう思うよね。わたしもそう思ったんだ。でもさ、こないだアルパカ白としめ鯖食べてめちゃ駄目だったんだよ。

博士の相方

何よ、めちゃ駄目って。あなたマリアージュとか気にしない感じなのに、どうしたの?

友人の栄子

美味しいしめ鯖だったんだよ?なのに しめ鯖→白ワインの順で口に含むと、しめ鯖単品じゃ出ない生臭さがうわーーって広がって。もうすごく悲しかったんだって。

博士の相方

やだー、しめ鯖食べたくなくなるじゃない!

友人の栄子

赤ワインとしめ鯖だと

でもさ、同じアルパカ赤ワインだと、全然その「うわー」が無いわけよ。

博士の相方

へー。全然?

友人の栄子

そう!生臭さの広がりが全くない上に、赤ワインの渋みが良くって両方美味しかったのね。

博士の相方

わー、なんか赤ワイン飲みたくなってきた。

けど、どうして? 白も赤もワイン、同じブドウ生まれじゃない? なんでそんなに違うんだろうね。

友人の栄子

なぜ赤と白で、食べ物との相性が違うのか?

ちょっとネットで調べてみたんだけど、色々なんだよね。

博士の相方

赤ワインとしめ鯖合うよ!派

・鯖は旨味と脂身が豊富で、光物らしく香りも強い個性派。これには軽い渋味のある赤ワインがピッタリなのだ。生臭みを出さず、脂分を洗い流し、旨味をぐっと引き立ててくれる。オトナのワインレッスンより引用

・魚や動物肉の脂肪分は赤ワインの渋味成分(タンニン)と合体すると脂肪分の旨味が一層増し、一方でタンニンは角が取れ、しなやかな口当たりと甘味ある旨味の広がりへと変化する。(中略)但し、赤ワインなら何でも良い訳ではありません。まず、濃過ぎない事。渋味はあってOKです。そして、フルーティーさが豊かでない事。脂肪分を持つ魚肉(血合いっぽさ)に通じる香りを感じるワインである事。ワインのある風景より引用

白ワインとしめ鯖合うよ!派

・リースリングとしめ鯖のマリアージュが最高だ。yahoo知恵袋より

・日本産の白ワイン甲州だったらすごく合うって方も居る。コックしろのおうちで簡単ビストロレシピより

・しめ鯖を白ワイン使ってシメるレシピが、結構散見される。

ワインであれば赤も白もしめ鯖には駄目だ!派

・とにかく生臭くなるからやめとけ@たくさんのブログや知恵袋系ご意見

色々意見があって、原因がわからないよー。単なる科学反応だったらワイン全般だめそうなのにさ。

博士の相方

博士は何て言ってたのよ。

同じ組み合わせで飲んでたわけよね?

友人の栄子

うん。後で聞いたんだけどね。「そうかなー、そんなに臭かったかな。」なんて言うんだよ。

鼻詰まってたんじゃないかと思うわ。

博士の相方

体調とか味覚の個人差もあるんじゃないの? そしてワインに限らず、酸味と渋みや香り・甘口辛口で、合う食べ物(脂分や香り・旨み)との相性が変わるのよ。あなたもやっと、マリアージュに目覚めたってとこじゃないかしらね。

友人の栄子

そ、そですかね・・。

博士の相方

まとめ

結局、しめ鯖とワインは合ったり合わなかったり。リスキーってことよね。なんか逆に、白アルパカとしめ鯖試してみたくなったわ。

友人の栄子

赤アルパカも、準備しといてー!

博士の相方

今後は、マリアージュ的なことも意識してみたい次第です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 博士めし , 2017 All Rights Reserved.