おもに弁当記録の つれづれ日記

スポンサードリンク


甘いホルモンとうどんのマッチングに痺れた「津山ホルモンうどん」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

岡山B級グルメとして有名な、津山ホルモンうどん。ホルモンとうどんなんて、絶対に美味しそうではないか。

岡山へ越してきてから数ヶ月。ホルモンうどんに憧れつつ月日が過ぎていたが、とうとう昨日「ぼてじゅう屋台」で食べることができた!ので、その感動のレポートです。

そもそも、津山ホルモンうどんって何だ。

津山市は岡山県北部にあり、畜産業・精肉業が盛んな地域だ。

通常精肉は数日置いたほうが美味しいとされるが、ホルモンは鮮度が命。津山はホルモンの処理技術がとても高いため、ホルモンが臭くなく美味しいと言われている。

ホルモンの語源は「放るもん」である。今ほど流通技術がすすんでいなかった頃、鮮度が落ちてしまうと食べれなくなるホルモンは、主に地域で「ホルモン焼き」として消費されていた。そのホルモン焼きの〆にうどんを入れて食べていたことが、ホルモンうどんの発祥とされている。

ちょっとビックリしたのが、「津山ホルモンうどん」は登録商標されていること

津山ホルモンうどん研究会の許可なしには、津山ホルモンうどんを名乗ることはできないみたいだ。

 

ぼてじゅうも、津山ホルモンうどんの認定をもらって営業しされている様子。「わざわざ全国チェーンのぼてじゅうで食べなくっても・・」ってちょっと思ったが、研究会の認定済みなのだ。なんだか安心じゃないか。

 

実食とレビュー

何はともあれ、そのお味。

じゅうじゅうと湯気をたててで出てきた、熱々のホルモンうどんを頂いてみる。

 

んー

(ノ)´∀`(ヾ)おいしーーー♪

 

辛口の焼肉のタレっぽいソースが、コシのあるうどんに絡んでいる。味噌が入っているのか?遠くでチーズの味がする気もした。

もやし・ネギがシャキシャキ歯ごたえ良く炒めてあり、麺とのコントラストもいい。

しかし何より、ホルモンが甘ーーい!センマイ含め数種類のホルモンが入っており、どれも甘くてプリプリ、コクがある。チーズの味は、ホルモンの旨みなのかも知れないな。

とにかく、予想以上にホルモンとうどんの相性が良くて美味しい。ビールが欲しくなってしまった。

 

もっとホルモンうどんを楽しみたい

一発で大好きになってしまったホルモンうどん。

 

先ほどの津山ホルモンうどん研究会では、お店のマップなども紹介されていた。

これは是非、津山へ直接行っていただいてみたい。そして出来れば、自分でもつくってみたい。

 

ということで、次回のホルモンうどんレポへ続く・・(たぶん)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 博士めし , 2017 All Rights Reserved.