おもに弁当記録の つれづれ日記

スポンサードリンク


哀愁の牛すじカレー

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

夜遅く帰る用事があるため、2日分のメニューをつくろうと思った日。

買い物に出るたびに私を誘惑してくる近所のカレー屋を見ると、その日は「牛すじカレー」がメインメニューのようだった。

 

牛すじカレー!ご馳走感があるじゃないか。夜遅くなる罪悪感だって和らぐメニューだ。

うん、これでいこう。

 

牛すじカレーを作って哀愁を感じているのだ。

さっそく肉屋さんへ行くと、店主のおじいちゃんは店頭で寝ていた。

数回声をかけるとお目覚めになり、巨大な冷凍庫から米俵のような牛すじブロックを取り出し、500gの肉塊を命を削って切り分けてくださった。20分くらいの間、ぼーっと立って待つしかなかったわたしは、この時点ですでに「なんか、本格的で大変なことをやろうとしている感」が盛り上がってしまった。

寄り道もせず家へ帰り、牛すじの下茹でを始める。

3回って書いてあったけど、2回。暑かったので少しズルをした。

そこからひたすら牛すじを煮ること数時間。玉ねぎも1時間くらい炒めてたんじゃないだろうか。

 

それなのに、それなのに。

牛すじカレーを食べた博士は、「うーん、牛すじ柔らかいね。いつものカレーと違って、牛牛した味がするね」という感想のみ。

「牛牛(うしうし)した味」というのは、美味しいという意味の範疇なのだろうか?

美味しい?と聞くと”美味しい”と答えるが、その表情が全くもって嬉しそうではない。

 

自分で食べると…まー美味しいと思うが、期待していた味とは何か違う。

 

何なんだ、何なんだ。

暑い中 肉屋でひたすら店主を眺めていた時間から、長時間にわたるスジ肉とのつき合いまでが、フラッシュバックのように蘇る。牛スジカレーに寄せていた、喫茶店を思わせる香り・どっちかっていうとヨーロッパよりの優雅なカレー、といったイメージが儚く消えていく。

わたしは、どうしようもなく哀愁を感じた。

 

参考にさせて頂いたレシピ

 

牛スジの下処理から分からなかったので、いくつかのレシピをパラパラみてシンプルで上品だな、と思ったこちらのレシピを参考にした。

【農家のレシピ】牛すじと玉ねぎのカレー

ただし、よく考えたら以下の点でサボったりアレンジをしたりした。

・前述のとおり、下茹でを2回にズルした

・圧力鍋がなかったので、ストウブで数時間スジを煮込んだ

・玉ねぎチンが面倒に感じ、大量の玉ねぎをひたすら弱火で炒めた。1時間ほどたっても飴色にはならず、後悔しつつ中途半端な色(白っぽいキツネってとこか)で断念

・他のレシピで見た「赤ワインを1本使って大胆に煮る」だけを採用。すじ肉を赤ワインで煮込んだ

・ルーが足りない気がして、味噌をレシピの5倍くらい入れた

・そうだ、バターもカロリーが気になりオリーブオイルへ代えた

なぜ思った味にならなかったのか?考察してみる

 

参考レシピが悪かったのではない。

当初「シンプルで素材の味が美味しい」を目指していたのに、食べるときにはナゼか「香り高い、喫茶店やレストランぽいカレー」を期待していたのだ。

 

冷静に振り返ると、味噌由来の酸味がかなりキツかった。

すじの味噌煮込みが大好きなので、味噌はいっぱい入れてもいいかなーと思ったのだが・・赤ワインとの相性が悪かったのかもしれない。香り高いカレーを目指したはずが、味噌頼みになりすぎた感じか。

 

また、香り高さを演出するのにバターは重要だったかもしれない。東京カリー番長の水野さんだって言ってたじゃないか。うちカレーを香り高くするのにバターやスパイスは大事って。

「シンプルさ」に拘って、クミンやカレーパウダーを足すこともしなかったな・・

あと、にんにくやフルーツペーストなど、もっとほんのり甘みを添えたかった。大量の玉ねぎで甘みは十分と思ったが、やはり最終的な微調整は必要なのかもしれない。好みがあるしね。

 

まとめ

 

トロトロの牛すじカレーは、なんだか特別に美味しくしたい。

「うはー、喫茶店のカレーみたい!ヽ(≧▽≦)ノ。+。゚☆」っていうカレーを目指したい。

 

悔しいので、上記反省点をふまえたリベンジ案件とする。

 

PS:お肉屋さんへ

もしこのブログを見てらしたら、スジ肉をいい感じで小分けにしといて下さい。また買いに行きますんで、よろしくお願いします。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 博士めし , 2017 All Rights Reserved.