おもに弁当記録の つれづれ日記

スポンサードリンク


つまみになる梅パスタ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

昨日の「牛スジカレー」と同じお皿で、失礼します。このお皿、便利なんですw

今日は、 教えたくないくらい大好きなパスタについて記録しようと思う。

 

博士はなぜか、麺を茹でるのがとても上手い。

わたしの作ったのと比べると「同じ麺なのか?」と思うくらい、麺をプリプリに仕上げる。

中でも、チャっと作るソースに絡めたパスタが本当に美味しくて、外でパスタを食べても「博士が作った方が旨い」と思うくらいなのだ。

最高のつまみになるパスタ

そんな博士作パスタの中で、何が一番好きか?と聞かれたら真っ先に答えるのが、この梅パスタ。

 

先ず、さっぱりした梅とにんにくオイルの旨みが堪らず、クセになる。トッピングの海苔や大葉も香りよく、食べても食べても飽きないのだ。シンプルなので、パスタ本来の旨みや食感も楽しめる。

加えて、ゆっくり食べてもあまり麺が伸びず、冷めても美味しいのだ。

さっぱりしてるクセに旨みとコクがあり、ワインはもちろんビールにもハイボールにも合う!梅パスタをツマミに、のんびり家呑みするのは最高のひとときだ。

 

博士の茹でセンスについて聞いてみた。

わたしは、麺類全般が大好きだ。結構つくる頻度も高い。

そして、平日はわたしがごはんを作っている=回数的には負けていないハズなのに、どうしても麺類一般が博士に勝てない。麺の命・茹で加減がいまひとつなため、同じ味付けでも全然違うものになってしまうのだ。

悔しいので、そのコツみたいなものを聞いてみた。

麺を茹でる時、なんで時間を計らないの?

わたし

んー。分からないけど、見てた方がわかるから。

博士

見てわかるってどういうこと?動き方とか?

わたし

なんとなく?どうかなと思ったら食べてみたり。パスタはわざと固めであげるなー。特に炒める時は。

博士

パスタも水で締めたりするよね。なんで?

わたし

なんとなく。

博士

(;゚ω゚;)ますます分からないじゃないか・・

 

どうやら「カン」ってことらしい。ただ、毎回茹でる間はジーっと麺を見てるので、そこから真似してみようかと。

すいません。肝心なトコがフワフワな感じのレシピだけど

作っているのを横からガン見して、書いてみました。

梅パスタの作りかた

材料(2人分):パスタ(300gくらい)、梅干2個、にんにく数片、オリーブオイル、大葉、刻み海苔、醤油、塩コショウ

・麺を茹でる

・1人あたり半個〜1個の梅をたたく、大葉/にんにくも細かく刻んでおく

・フライパンににんにくとオイル(結構たっぷり)を入れ、弱火で温めておく

・茹で上がったパスタを入れる、茹で汁も大匙2〜3くらい一緒に入れる

・パスタと一緒に梅を入れ、中火で炒める(結構長いこと炒める。数分くらいかもっと。ここで麺に味を含ませながら固さを調節している模様)

・塩胡椒/醤油で味を整える

・器へ盛り、大葉と刻み海苔をトッピングする

その他、一緒に食べると美味しいメニュー

↑↑↑(手前より)冬瓜の煮物、ソーセジとキャベツの炒め物、トマトとチーズのサラダ

さっぱりパスタは、同じオリーブオイルベースのサラダ、チーズ、ソース味の炒め物、出汁をつかった煮物など何にでも合う。取り皿で、いろんなものと混ぜ合わせながら食べるのも、楽しくて美味しい!

まとめ

作り方は至ってシンプルだけど、とても美味しい梅パスタ。日本人なら(梅好きなら特に)好きな味じゃないかと思う。

ポイントは、たっぷりのオイルと少量のニンニクにもある模様だ。

材料的にも気軽なので、是非おためしいただきたい。梅って体にもいいしね。

 

また、今後わたしが「カンによる麺の美味しいゆで方」をマスターしたら、そのコツを明記することを約束する。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 博士めし , 2017 All Rights Reserved.