おもに弁当記録の つれづれ日記

スポンサードリンク


田舎寿司@高知の朝市

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

えー。

博士の飲み会がつづき自由な夕飯(ほとんど料理じゃない)のため、今食べたいなぁと思ってるものの紹介を。

高知の朝市で出会った、めっちゃ美味しいお寿司

仕事で高知市へ行った際、日曜朝市でみたお寿司が衝撃的においしかったのだ。

見たことのない、しめ鯖・蒟蒻/破竹の煮物・茗荷や蕪の漬け物のお寿司!彩りも綺麗で、おどろきながら買ってみた。(朝市でとったアイキャッチ画像。あんまり綺麗じゃなくて済みません)

食べてみると、薄味で美味しいネタと柚子の香り高いご飯が爽やかで・・その美味しさに再びビックリ。年中食べたい!と思った。

田舎寿司って?

高知県の山間地域で発達した郷土料理であり、別名「山菜寿司」とも呼ばれるらしい。高知名物のひとつであり、スーパーなどでも売られている。

つくりかたを調べてみた。

自分でも作ってみたく、いくつかのレシピを見てみた。以下メモ。

・具については、椎茸や蒟蒻は薄味の出汁と醤油・みりん等で煮る

・リュウキュウは柚子酢でシメる。

・酢飯は、合わせ酢の代わりに柚子の絞り汁や柚子酢を使う。

まとめ

食べた感じでは、塩加減良く素材の味を生かした優しい味付けが本当に美味しかった。また、酢飯が苦手なわたしにとって、柚子の香りたっぷりのご飯が美味しかったこと!ああ、また食べたい。

ネタの素材別に料理が必要なので、先ずは蒟蒻や茗荷など簡単な1種類からでも、塩加減に気をつけながら作ってみたい。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 博士めし , 2017 All Rights Reserved.