おもに弁当記録の つれづれ日記

スポンサードリンク


「欧風カレー」と呼びたい岡山高島屋プレル

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

夏だ、カレーだ!

ってことで、昨日もカレーを食べに行った。

ずっと気になっていたお店

引っ越してきて数ヶ月、ちょこちょこ買い物に来るたびに気になってたのが「カレー専門店プレル」だ。

岡山駅前の高島屋地下1階・いわゆるデパ地下にあるそのお店は、レトルトカレーを売るお店。その横っちょに小さなカウンターがあり、そこでひっきりなしに誰かがカレーを食べているのだ。

ビーフカレーがメインのお店だがオムカレーや色んなフライが乗ったカレーもあり、ただでさえ食欲を刺戟するカレーの香りとともに、美味しそうにパクつく人たちを見ては「いいなー」と思っていた。

どうしてもこのカウンターで食べてみたく、レトルトは買わず何度も来たのだが、そのたび人がいっぱいで諦めていたのだ。

座った感じは・・

ところが、ちょうど昼時にもかかわらず比較的人が少なかった昨日。みんな「うらじゃ」を観てるのかもしれない。もしくは、お祭りで外に出ない人も多いのかも。

とにかく数分待っただけで、カウンターに座れた。カウンターへ座る前に、注文を聞かれお会計を済ませる。

 

嗚呼、念願のカウンター! 6〜7人座ればいっぱいになるカウンターは、狭くも居ごごちがいい。

デパートの一角なので冷房が効いていて、微妙に人通りから外れてるので、予想以上に快適だ。

人にジロジロ見られるから落ち着かないだろうと思ってたけど、そんな事なかった。むしろ、座ったらこちらが「人をジロジロ見る側」だ。待つ間も買い物客ウォッチングができて、退屈しなくて楽しい。想定外の楽しさだ。

お味

わたしは野菜カレー、博士はナス入りオムカレーを注文した。

ベースのカレーは「欧風カレー」と呼びたいお味。古き良き洋食の味だ。

なんとなく使ってるけど「欧風カレー」のただしい定義というのは無いらしい。わたしの場合、「色んな香り良いスパイスがバランスよく効いており、どことなく上品な洋食っぽい味がする」=「欧風カレー」と言いたくなる。

野菜それぞれも、適切に素揚げされたり炒められたりしていて美味しい。その丁寧さも含めて「欧風カレー」と呼びたい美味しさだと思った。

もちろん清潔なカウンターには、らっきょうと福神漬けもセットされており、なんというか安心して満足できる。

こりゃ、リピートしたくなるわけだ。

おわりに

書き損ねたが、博士のオムカレーをちょっと分けてもらうと、オムレツに包まれていたのはドライカレー! ドライカレーとベースのカレーの香りが混ざり合いさらに高まっており、美味しくて悔しかった。

次に食べる時は、オムカレーにしよう。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 博士めし , 2017 All Rights Reserved.