おもに弁当記録の つれづれ日記

スポンサードリンク


あたりまえのぜひたくレシピで煮魚

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

あたりまえのぜひたく。に出会う

面白いグルメ漫画を探していて「あたりまえのぜひたく。(きくち正太氏著)」に出会った。

料理の絵調が好きで、見た瞬間に買ってしまう。

この漫画、作者「きくち氏」の家ごはんとそのレシピが綿々と書かれていて、すごく面白い!

とても丁寧につくられているお料理はどれも美味しそうで、家庭でも出来そうなものばかりなのが嬉しい。

煮魚レシピを再現!

買い物に行くと、綺麗な小ぶりの鯛がお手ごろ価格。

 

よし。

「あたりまえのぜひたく。 魚愛が試される、それが煮魚。」より

↑の煮魚をつくってみよう。

根魚が推奨されているけど、尾頭付きならよい出汁が出るとある。鯛だけど挑戦だ。

レシピの再現と実食

「第13話 魚愛が試される、それが煮魚 」のレシピに忠実に、鯛を下処理〜煮付けまでしてみる。

材料もシンプルで、作りかたの表現が「おたま⚪︎杯」と書いてあるのが分かりやすい。また、ちょっとしたポイントもしっかり描いてあるので、すごく再現しやすい漫画だと感心した。

・・ただ。わたしが煮魚に慣れていないため火加減を間違え、レシピよりもかなり長く煮込んでしまう。

実食

ちょっと濃い味だけど

味がしっかり染みていて、おいしい!

博士

ああ、やっぱり煮込み過ぎた orz

だけどお魚が全く臭みなく、安定の美味しい煮魚になり、すごく嬉しかった。(魚料理苦手)

薬味たっぷりなのも幸せだし、何よりつけあわせのゴボウの美味しかったこと!!

反省点とおわりに

今度は火加減を間違わないよう、ちゃんと読み込んで作ろう。

そして、1回の再現で「この人のごはん、好きー!!」とファンになった。

他の巻も買おう。そして、いろいろ作ってみよう♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 博士めし , 2017 All Rights Reserved.