おもに弁当記録の つれづれ日記

スポンサードリンク


博士の好物と「緑茶はじめました」w

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

帰省もおわり、自宅へ帰ってまいりました。

 

なんか少し、休みボケ(主婦だけど)してる感じだ。

ブログも「なんで書いてたんだっけ?」って調子なので、いつもの雑談からリスタートしてみよう。

緑茶が気になって仕方なくなる。

帰省するちょっと前、あたりまえのぜひたく(きくち正太氏 著)という漫画を読んでいた。

この本のおかげで、煮魚も美味しくできたが

第19話「夏も近づく」の緑茶がとても美味しそうで・・お茶を淹れることが、気になって仕方なくなった。

 

数回以上の引越しの中で、いつの間にか家から急須がなくなっていた。

自分がコーヒー好きなため、いつからか「急須はとくに必要ない。ティーパックがあれば良い」と思っていた・・

急に思い出したこと

この夏はわたしの実家へ帰省したが、昨年末に博士の実家へ伺った時のこと。

お義母さんが淹れて下さったコーヒーもお茶がとても美味しく、それが印象深かった。そして、博士が緑茶をとにかく沢山飲んでいた。

そういえば、博士はコーヒーは胃にキツいと言ってときどき飲まないし、冷たいお茶も率先して飲まない。だけど、温かいお茶は、いつでも喜んで飲んでいる。

 

・・あ。博士って、お茶(急須で淹れるやつ)が好きなんだ。と、急に気づいた数日前。

博士の好物=誉の陣太鼓

話が逸れるが、博士の一番好きな和菓子=わたしの地元である熊本の銘菓・陣太鼓 なのだ。

熊本の銘菓、誉の陣太鼓。秘伝の蜜で炊き上げた風味豊かな北海道産大納言あずきが、やわらかな求肥を包みます。太鼓の形に包むのは、特許を取得した紙缶詰製法。甘さをおさえたみずみずしいおいしさを保つため、研究と工夫を重ねました。砂糖・大納言小豆・麦芽糖・餅粉・水飴・寒天・食塩。7つの自然な材料のみでつくる匠の味をご堪能ください。(お菓子の香梅ホームページより引用)

地元でも看護師をしていた時期があり、死ぬほど頂く機会が多かった陣太鼓。

正直、見ただけで「ああ、陣太鼓・・涙」「クッキーが良かったなー、軽いもん」そんな感想しか抱けなくなっていた私にとって、博士の「陣太鼓が好物」発言は、めちゃくちゃ新鮮だった。

こんな人が居るんだ!!(香梅さん済みません。美味しいお菓子ですよね)

 

なので、今回の帰省でも「陣太鼓をいっぱい買ってくるぞ!」と楽しそうだった博士。

これは合わせて緑茶が必要だろう・・と、実家から湯のみセット&茶葉をいただき急須を買った今年のお盆だ。

緑茶ってすごい

帰って早速、緑茶を淹れてみる。

「あたりまえのぜひたく」調に、お湯を湯冷ましで少し冷ましたり、いちいち高いところから注いでお湯に空気を含ませてたりと、ちょっと丁寧にお茶を淹れると。。

 

・・おお。

漫画どおり「出汁みたい」ってまでは行かないが、濃いめに入れた緑茶の美味しいこと!

ご飯つくりが面倒でお弁当を買っても、急須とお茶があれば なんとなく「ちゃんとした感じ」がするじゃないか。

 

美味しいし、お酒みたいに酔わないし、なんか「まともに生活してる感」が強いし、すっかりハマって1日に何度も飲んでいる。すごい茶っぱ消費量だけど、お酒のコストに比べたら可愛いものだ。

おわりに

一番嬉しかったのは、予想以上に博士が嬉しそうなこと。なんか、心からニコニコしてお茶を飲む。

しかも、急須で淹れるお茶って、本当に手軽(コーヒーに比べれば)だし、片付けも楽ちんだ。

 

血液型ダイエット的にも緑茶はめっちゃオススメされているし、どんどん飲んで行こう。

茶托とかも欲しくなってきたw

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 博士めし , 2017 All Rights Reserved.