おもに弁当記録の つれづれ日記

スポンサードリンク


博士家ダイエット 1ヶ月経過

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

博士家ダイエット(宇宙整形)スタートから、1ヶ月が経過した。

結論からいうと

体重的にはわたしも博士も、びっくりするくらい「現状維持」をしている。

ホメオスターシス(恒常性)が相当すばらしいのだろう。そういうことにしたい。

 

この1ヶ月を振り返ると、いろいろあったな。箇条書きにしたらこんな感じだ。

・博士家ダイエット開始5日後に「血液型ダイエット」を始めた。

・博士は、週1のランニング(半分ウォーキングらしいけど)を続けている。

・お盆後より、緑茶にハマる。寝る前にもお茶タイムを欠かさなくなったので、酒量がちょっと減った気がする。

「気分良く過ごせたか?」

しかーし。

忘れてはいけない、博士家ダイエットのルールがあったではないか。

博士家ダイエットルール

・先ず、自分(わたし)が気分良い状態でいるようにする ※そもそも目にするものは私が創っているという考えのもと。

・ご飯はのびのび作ろう。健康や博士の嗜好ばかり優先せず、自分が食べたいもの・ピンときたものを優先して作ったり選んでみよう。

・その他:ノールール

当たり前だが、血液型ダイエットより博士家ダイエットルールが優先だ。

だけど、正直「自分が気分いいこと、ピンとくるもの・食べたいもの」って、急に自分に問うても分からないことが多いのだ。だから、できたかどうか良く分からない、っていうのが現状。

 

もちろん、すごく穏やかに快適に過ごせている。基本的にノーストレスの毎日だ。

家事もダラダラも、思う存分好きなだけやってるなーと思う。

 

それなのに「食べたいものが分からない」のは、どうしてなんだろう?

わたしの頭のなか

 

これを機に、自分のあたまの中を見直してみよう。

 

「やりたいこと・食べたいものが分からない」時の、わたしの頭のなか

1)お腹はそう空いてないのに「選ばなきゃ」って食べたいものを探している

2)気がのらない感じもするが「やってた方/決めてた方がすっきりするから」と何かを選ぶ

3)やりたいこと/食べたいことを後回しにして、先に「しないといけないこと」をする

いざやって良くなると、やりたい・食べたい気持ちが無くなっている

4)だからっていって先にやりたいことをやると、その「やらなきゃいけないこと」が気になって楽しめない・・気がする。

5)やりたいことをやると気持ちいいが、1日トータルで見て「できたことの進捗が遅すぎる」と凹む

うんうん、そんな感じ。

 

まとめると、

「こうしたいな・・」って気持ちが芽生えたり、もしくは芽生える前から

・やるべき(と思っている)こと、嫌な状態(と思っている)を避けようとする行動、「効率の良さ」「役に立っているか」「体裁」で頭の中がかなりいっぱいで、「こうしたい」が出る幕がない/もしくは消えてしまう。

 

主婦になったのだ。家事を思う存分したかった。

だから「やりたいこと」ばっかりしてるハズなのに、何だろうこのちょっとした虚しさは。

・・って思ってたけど、そうか。自分の頭の中にいろいろ未だあるんだ。

 

すごーく些細なことだけど、やる時の自分の気持ちをもっと感じよう。やりたくない日だってあったかも知れない。

効率とか体裁も急には捨てれないかもしれないが、それでもいいや。

ただただ自分の気持ちを、考えるんじゃなくてもっとフューチャーしようと思った次第です。

おわりに

余談だが、今日はわたしの誕生日なのです。

空を見たら、雨上がりでもないのに虹がかかっていた。なんだか、すごく嬉しい気持ちだ。

 

焦っても仕方ない。だって宇宙整形だもんww

ってことで、また来月!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 博士めし , 2017 All Rights Reserved.