おもに弁当記録の つれづれ日記

スポンサードリンク


多幸千のタコせん

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

ごはんってことじゃないけど、近所のたこ焼き屋さんで「タコせん」というのを売っている。

エビせんに、たこ焼き2個が挟まったものだ。

食べてみたかったタコせん

関西出身じゃないので食べたことはなく、学校帰りの学生さんなどがよく齧ってるので「どんなもんなんだろ?」と興味があった。

たこ焼きの多幸千

↑このお店だ。

たこ焼きは買ったことがあるけど(ごく普通に美味しい)、なかなかタコせんを齧る機会はなかったのだが・・

23日、日限の縁日で

上記たこ焼き屋さんの近く、千日前商店街というところでは

毎月23日に「日限の縁日」が開催される。

 

小さなお祭りで、いくつかの露店が並び近所の人たちが(たぶん)ビールを飲んだりおやつを食べたりしているのだ。

平日だろうが23日に行われるのだが、今月は土曜だったので博士をぶらついてみた。

 

ぶらつきながら、かねてより一度食べてみたかった「タコせん」を買ってみた。

タコせんの感想

うん。見たまんま、想像通りの味だ。

けど、思った以上にえびせんがソースやマヨネーズでしなっとしている。天かすも入っており、それがしっかりとしたコクも演出している。

 

食感はもちゃもちゃしているが、私はそれが美味しく感じた。(博士はそうでもなかったみたいだ)

なんだか昭和を感じる、懐かしい味。

ふがふが頬張れて、子供の頃に戻ったみたいな気になる楽しい味だと思った。

 

若干の食べづらさもあるけど、美味しいものをまた見つけたw

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 博士めし , 2017 All Rights Reserved.