おもに弁当記録の つれづれ日記

スポンサードリンク


しゃばけシリーズの影響で、稲荷ずし

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

読書の秋。

畠中さんのしゃばけシリーズにハマる

本読みが止まらない。

中でも、博士が既に集めている本のシリーズものを、一から読んでみたりしている。

気持ちいいい秋風の中、面白い本を読む・・すごく優雅な時間だ。秋って素敵。

 

・・あ、話が逸れた。

 

江戸を舞台にした、このしゃばけシリーズ。

全15巻くらいあるが、昨日全部読みきった。

で、お祝い的に(?)文中よく出てくる「稲荷寿し」をつくってみた次第です。

 

本にでてくる食べ物って、美味しそうでとにかく食べたくなってしまう。

本当は「やなりいなり」を目指したのだけど

何巻目だろうか。シリーズの中に「やなりいなり」という本がある。

この本にでてくる「細巻きのお稲荷さん」が、それはそれは美味しそうなのだ。

本当は、細長く作ったお稲荷に海苔で(小鬼の顔などを)デコる、というものだけど

何せ慣れないため、デコる余裕は無かった。

 

特に真似したかったのは、文中でてくる「佐助お気に入りの、柴漬けを刻んだのを混ぜたお稲荷」だったので、そこだけ押さえて・・

簡易版・やなりいなり(柴漬けVer)

炊き込み酢飯に細かく刻んだ柴漬けを混ぜ、甘く炊いたお揚げに詰める。

・・ハハ、そんだけですw

お稲荷って、結構アテに良い

けど、驚いたことがある。

お稲荷って結構、お米を使わないのだ。

 

12個作ってお米1合。食べ応えにしては、ずいぶんヘルシーではないか。

 

酒飲みなので、甘くてご飯たっぷり(そうな)お稲荷は、アテ候補から遠い存在だったのだが・・

思い込みが外れた感じだ。

 

お稲荷ってアテにいいです。

簡単なのに、なぜかご馳走感があるのも素敵だし。

 

柴漬け好きの博士も大喜びだったので、また作ろうと思うw

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 博士めし , 2017 All Rights Reserved.