おもに弁当記録の つれづれ日記

スポンサードリンク


お節のメニューを考える

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

師走ですな。

今年は帰省せず、自宅でまったり正月を過ごそうと決めた。

・・ってことは

お節を作らなくっちゃ!

 

何を詰めようか?

過去のお節や実家のお節を参考に、考えてみようと思う。

過去のお節(2015年Ver)

博士と既に一緒に住んでいた2015年正月のもの。

あまり色々食べたくなくって、簡単に作ったお節だ。

内容:黒豆、栗きんとん、サーモンで何か巻いたの、昆布巻き、酢蓮、酢ごぼう、なます(三頭)、エビの旨煮、伊達巻、田作り、数の子、牡蠣のオイル煮、蒲鉾

とはいえ、色々作ってるなー

もちろん仕事をしていたので、冷凍できるような形でちょこちょこ作ったんだった。

↑お雑煮。

大好きな、干し車海老の出汁で作成。

実家のお節(2014年Ver)

2017年は、博士の実家へご挨拶へいっており画像がなく・・

2014年に帰省した時のもの。(2016年の画像は、どこかへ行ってしまった)

実家は家族が多いので、大量だ。

毎年、基本のメニュー+各自食べたいもでリストを作り、お節の内容が決まる。

この時の内容は・・

 

四段重

右上:酢ごぼう、ボイルウインナー(!)、高野豆腐の煮物、人参とごぼうの八幡巻き、蒲鉾、出汁巻き、人参のきんぴら

右下:数の子、八幡巻き、黒豆、昆布巻き、田作り、蒲鉾、金柑の甘煮

左下:唐揚げ、イカボール、エビのフリッター、辛子レンコン、スコッチエッグ

右上:エビの旨煮、明太詰めレンコン、飾りウズラ、筑前煮、膾、伊達巻

 

大きいお重(四段重と同じのは割愛)

蟹、牡蠣グラタン、ししゃもの南蛮漬け、エビシュウマイ、里芋の煮たの・・あと内容を忘れた揚げ物いろいろ

その他:干し車海老のお雑煮、福茶、いろいろ稲荷、中華ちまき、豚の角煮

カオスな内容だが、家族総出でつくるお節は、大仕事ながらとってもとても楽しい。

正月の儀式が終わった後は、拓上の火鉢で炙りながら好きなものをいただくのだ。これがまた美味しい。

お重の購入を見送ったのだ。

江戸時代の読み物にはまっているので、お重が欲しくてたまらなくなっていた。

 

いろいろ検索しまくり、いいなと思うお重を眺めていたのだが・・「コレ」っていうものが絞れない。

悩んでいると、博士に「コレ」が見つかるまで保留するようアドバイスいただいた。

 

買わないっていう選択肢を考えていなかったので(!)なんだか楽になった昨日だった。

手持ちのお重やお椀を愛でながら、楽しんでお節を作ってみようか。

ってことで、どうしようか?

今のところ数の子だけ買っているけど、得意の冷凍技を駆使しつついろいろ作り始めようかな。

 

博士がお節で食べたいものは、「三頭と蒲鉾」らしい。

加えて、黒豆やエビの旨煮・昆布巻き・田作り・きんとんあたりは外したくないが、他に何をしようか。

実家の定番、イカボールは食べたいな。お魚やお肉を何か入れたいし、手まり寿司もいいな。

 

楽しい悩みは続く・・

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 博士めし , 2017 All Rights Reserved.