おもに弁当記録の つれづれ日記

スポンサードリンク


カリフラワーのぬか漬け

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

どこかで書いたかも知れないけれど、我が家にはぬか床がある。

 

私、ぬか漬けは大好きなのだ。

幼少の頃、漬物の中で一番好きだったのが「胡瓜のぬか漬け」だった。

 

母がつけたやつ(浅漬け)に、醤油と味の素(!)をかけて食べるとめちゃ旨だったのだ。

・・やー、育った時代がバレてしまうけれど、味の素ってすごいよねw

 

でね。けどその後ずーっと、主に仕事(および遊び)中心に生きてきたので、ぬか床とか縁がなかった。

だけど、5〜6年前ですかね。

その頃、広島市内に住んでおり。その時の同僚の方から誘われた酒祭りに参加した時だった。

 

みんなで集まって全国の日本酒を堪能する・・っていうめっちゃ楽しい集まりなのだが(今年はコロナでオンライン祭りらしい)、広島は西条・酒蔵の集まる酒どころで行われるその祭りに・・「クー!!」ってくるアテが今ひとつ(失礼)なのだ。

で、酒祭り広場に、こっそり銘々「クー!」なアテを持ち込むわけ。

 

そんな中、誘ってくださった「酒祭りパイセン」の同僚が、山芋のぬか漬けを持ってきてくれた。

これがね。どかーんと「クー!」だった。(擬音だらけ)

 

なんだこれ、ヘルシーぽいのに酒にバカ合う!

ずるい!ずるいじゃないか〜ー!!!!

 

ってことで、単純な私は、そっからウキウキぬか床を準備し、ぬか漬け生活を始めたのです。

日本酒のアテ作成器・・と当初は思っていたけれど、残り野菜の処理にめちゃくちゃ便利だし、ご飯ももちろん美味しく食べれるし、何もない時のビタミン補給としてすごーく便利なので、その後適当ながらぬか床を大事に育てている次第です。

 

ってことで、カリフラワーのぬか漬け

毎回ながら、長すぎる前置きをお詫びします。

 

先日ね、久しぶりにこの「酒祭りパイセン」に連絡したのですよ。

したらパイセン、新たな情報をくれた。

なんと、カリフラワーのぬか漬、なかなか良いよ!ってね。

 

ぬか漬けで調べると、そりゃ色々出てきますよ。多分カリフラワーもどっかでふんわり見ていると思う。

ズッキーニとか(これは美味だった)エリンギとか、キャベツとかゆで卵とか、スタンダードな野菜以外にも色々やってみたのだ。

 

けど、カリフラワーはやってない。っていうか茹でるの?面倒くさ!!

 

・・って調べたら、数秒で「小分けに切って、洗って水気を取ったら漬けるだけ」とわかりました。

 

 

師匠、作ったよ。

 

2日くらいつけてみたけど、ワインにも合うじゃんコレ。最高!

 

なんかさ、ネットが発達していろんな情報が簡単に手に入る世の中だけど

信じてる人から勧められるって、めっちゃ嬉しくて、そんな予想があるからかやっぱり嬉しい結果になるもんだなー・・なんて思った今日。

 

ワインが止まらない感じですw

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 博士めし , 2020 All Rights Reserved.