おもに弁当記録の つれづれ日記

スポンサードリンク


実家のお節メモ(その他編)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

いやいや・・・。

溜まった宿題みたいな気分になってきたw

 

実家のお節メモ、ブログにあげるまで捨てない!と決めたので・・いい加減書いときますか。

 

今年のお節は、ほぼ下の妹(※上の妹もいます)が作ったのですよ。

料理上手な妹のレシピ。あまり見ることもないので、ありがたくメモしときたい!しね^^

 

星つき唐揚げ

星つき?

・・ええ、妹が星つきレストラン(だったけな?)のシェフから習ったという唐揚げレシピ。

美味しいものを食べたらレシピを聞く!っていう姿勢、母と同じですごく尊敬する。だから料理上手なんだろうなー。

素敵な妹に恵まれたもんだ。

ふっくらジューシーで美味しかったです。

前置きが長かったけど、肝心のレシピメモいってみましょう!

博士

<材料>

・とりもも500g

・薄口醤油と酒、各50ml

・水30ml(←ジューシーの秘訣らしい)

・生姜とニンニクすりおろし(好きなだけ)

上記に30分以上漬け込んで揚げる。そんだけw

つけダレに水入れるだけで、味って変わるもんですなー。

勉強になった!

わたし

可愛い手羽先

この処理はオススメだよ!って、母と私が練習させられたもの。

なんつーか、手羽先がウサギちゃん的な可愛いビジュアル&食べやすくなるんですよ。

<下処理>

手羽先の先っぽ(羽先っていうのかな)根元をザクッと切る→羽先をもぎ取る(?)

根元の骨二本と飛び出させる感じで、お肉をギュっと根元へ寄せる。

うーん、なんとも分かりづらい説明。

いつか画像つきで説明させます!

博士

後は、ニンニク&生姜、醤油・砂糖・みりんに漬け込み、油をしいたフライパンで皮から灼きつけ、水で蒸し焼き&つけダレを絡めたら出来上がり🌟

ししゃも南蛮

これは母作。

昔っからよく作ってくれたんですよね、野菜たっぷりの南蛮漬け。

メインは鶏やアジ、サーモンなど色々。

 

実家のお節って、縁起物以外は帰省する兄弟がめいめい希望を出すんですよ。

で、お節の面子として、皆独立後に定着してるのが「ししゃも南蛮」。

さらっと食べれる感じがお節にいい感じなんですよねー。

<レシピ>

・つけダレの三杯酢(砂糖・醤油・酢を各1カップ)

・ししゃもは片栗粉をまぶして揚げるだけ

・熱いうちにししゃもをタレに漬け、玉ねぎ・人参・ピーマンの千切りをのせ、タッパーに入れてひっくり返し馴染ませる。仕上げに貝われなどをあしらう。

時雨煮

牛肉が余ったので作った一品。

ささがきゴボウ・糸こん・生姜と一緒に炒めて、赤酒(熊本のお屠蘇)&醤油で味つけ。ゴマや山椒を振っていただく。

スペアリブのジャム煮

スペアリブはフォークで穴を空け、ママレード(今回が柚子皮の砂糖漬け)・醤油と煮込むだけーw

ママレードを使う際は、なぜか安い(百均とかの)ママレードの方が美味しいらしい。

わたし

 

うん。ずっとメモしてたって割に、意外と外出しており・・私のメモはこんな感じです。

皆様の何かの参考になれば幸いです!

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 博士めし , 2021 All Rights Reserved.