おもに弁当記録の つれづれ日記

スポンサードリンク


ほんとの博士めし

 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

最近、というか

コロナ流行りだしてから、博士がご飯を作ることが多くなった。

 

多い・・というか、わたしが作る倍以上の頻度・・っていうか・・ほとんど家ごはんは博士担当っていうか。

・・・・・。

これも一種のコロナ影響か??

 

そんな背景もあり、アップロードご飯もヒタと止まっちゃっていたのだが、今日、ふと思ったのだ。

博士めしというタイトル通りであれば、本物の博士(※博士=旦那のただのニックネーム)が作ったご飯こそ、真の博士めしではないか???と。

 

って訳で、満を辞して「ほんとの博士めし」シリーズ、はじめます。

 

鉄板(つーかフライパン)ナポリタン

では、記念すべき第一弾。

博士の漢らしさを感じる一品から、ドーン↓

スキレット的にフライパンを使用した(w)鉄板焼きナポリタン。

のんびり食べてもずっとアツアツで旨かったー!!

ポイントですか?

大雑把な相方と違い、素材を細かく刻むことが私らしさでしょうか。

にんにく・一味をきかせつつピーマン、しめじ、ベーコンをたっぷり入れました。パルメザンが無く、最後に溶けるチーズも。具いっぱいなのを喜んでましたよ。

あと、今回は最後トマトジュースで煮込んだのが勝因だったかもしれません。味がすっきりしてましたね。

博士

炒飯ブランチ

博士は炒飯も得意だ。

私が作るウェットな感じの炒飯より、パラパラ感がうんといい感じなのだ。

卵たっぷりの高菜炒飯(紅ショウガ入り)、新タマとわかめの味噌汁、きゅうりと茄子のぬか漬け、もずくというラインナップ。

茄子の美しさにうっとりしつつ、博士のおかん化を懸念する今日この頃である。

パックのままのもずくが、唯一男子らしいか?

最近は、ぬか漬けもお世話させていただいております、ええ。

相方は「残り野菜はぬかへ」と言っておりましたが、私は漬物こそ鮮度が大事かと。

綺麗な野菜を皮むきし(私はそのまま放り込むことが多い)、丁寧につけると美味しくなりますね。

・・おかん化?

なんでも良いですが、料理は嫌いじゃないです。

相方の上から目線は気になりますがね。

博士

 

哀愁のねぎつくね

餃子パーティならず、つくね(大好物)いっぱい宴にしようぜー!!というリクエストを出したところ。

ハンバーグみたいなサイズのつくね登場w

チェダーチーズ入りで、旨かったー!(褒め言葉のボキャブラが貧相だ・・)

ネギやえのきもたくさん入っておりますよ。

生姜を効かせて、いたってシンプルに作りました。横っちょでネギを焼いてね。

家ご飯はたっぷりで安上がりだなーって改めて思う今日この頃ですよ。

博士

ウンウン、すっかり飲みに出ることなくなったものなー。

のっけから〆ソバ

一旦ソファーに落ち着いたら、立ちたくない博士。※片付けは私担当です、ええ。

〆ソバはのびないので、はなっから作ってあること多し。

具沢山のつけ汁が最高だった!!

肉も食べたいと言い張るので、豚肉・しめじ・刻んだ三つ葉と落とし卵を加えました。

毎回簡単なんですが、大喜びしてましたね。卵いりで大抵大喜びしますから、やり甲斐という点ではちょっと微妙だというのが本心です。

ソバやそうめんは出番も多いので、薬味は刻んでおくと便利ですね。

博士

お、おかん(涙

 

以上、パパッと作ってくれる美味しい博士めしでした。

第二弾もご期待くださいませw

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 博士めし , 2021 All Rights Reserved.