おもに弁当記録の つれづれ日記

スポンサードリンク


玉ねぎウナギ丼

 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

今日は、土用丑の日。・・知ってました?

 

私は知らなかったですw

ここ数日だったよなーなんて思いながら、うなぎを食べたら丑の日だったっていうね。よく分からないけど、ラッキー感に包まれながらの更新です。

今年の我が家うなぎ↓

どーーーん。

大胆な、フライパンうなぎでございます。

 

これ、初めて見たー。いつもながら、博士のレシピです。

玉ねぎうな丼

では、つくりかたを博士より。

玉ねぎ一個を厚めにスライスしてフライパン(鍋でも良いです)に敷きます。で、ヒタヒタになるくらいお酒を注ぐ。(若干泥臭いうなぎでも臭みがなくなるよ)

市販のうなぎを食べやすく切ってのせ、醤油・蜂蜜で味を調整して中火→弱火で煮る。以上です。

博士

※うなぎは特大一尾使用しています。

で、お味は?

玉ねぎってのが斬新ですよね。

最初、びっくりしました。「え?親子丼とかと勘違いしてる?」と思いましたよ。

博士はぶっかけスタイル(丼)が好みでないので、ウナ皿となりましたが・・いや、玉ねぎってアリですよ。

玉ねぎの甘みがうなぎと相性いい!!

そしてちょっとでも色々野菜を摂れるのも嬉しい♪

 

美味しくて、後半は丼にしてペロっと食べてしまいました。

この玉ねぎうなぎ・おすすめです。

作りすぎたと思ったけど、スルスル無くなってびっくりしました。

実家で食べてたスタイルなんですよ。カサ増しメニューですな。

副菜ですか?

しじみの味噌汁、ズッキーニ&セロリの浅漬けです。

 

皆様も元気な夏を過ごされますよう!

博士

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 博士めし , 2021 All Rights Reserved.