うちご飯中心の つれづれ日記

スポンサードリンク


おせち2022作りはじめ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

大変ご無沙汰しちゃってます。

直近の投稿は夏じゃないですか。・・秋をすっ飛ばしての再始動・はかせの相方です。

 

そろそろ正月準備をしようかな、という季節。

そだ、今年はおせち作ってく投稿していこう!って思いつきましてね。

いつもながらおもむろに、おせちシリーズ開始しまーす。

 

おせちに百合根。

私の実家では、おせちに百合根ってあまり無かったんですが。関西地方のおせちに入ってることは多いようです。

ゆりねの球状の鱗茎が花びらのように重なり合っていることから、「年を重ねる」「和合」という意味を重ね縁起の良い食材なんですね。漢方薬にも使用されるほど滋養豊富で、病後や産後に食されることも多かったそう。

・・うん、これは試してみよう!今年のおせちは百合根の何かから。

百合根の梅酢漬け

煮物も魅力的なんだけど、正月まで持ちそうな何かに。

つーことで、茹でて梅酢につけるだけという簡単料理へ。

ちょっと茹でて、梅酢(うちにあったやつ)に漬ける・・あっという間に完成ー!

※湯で時間等々はググったら一瞬で出てきますのでそちらを参考に!(量とかあるので)。ともあれ、あっという間ですよー。

なんか綺麗なアクセントになりそうで良さげです。

 

味見

数日経って、ちょっと味見してみた。

↑なんか色のつき方が、色っぽくありません??

 

味もね、ぽくぽくした食感で、百合根の甘さやほっくりした食感も健在ですっごい良い感じ(特にアテとしてw)

こりゃ、おせち(我が家ではノンストップ飲み会のアテっていう位置づけ)に最高じゃないのか??

 

期待を胸に、仕上がりは元旦をお楽しみにw

ってことで、また何か仕込んだらアップしていきまーす。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 博士めし , 2021 All Rights Reserved.