うちご飯中心の つれづれ日記

スポンサードリンク


鯛と海老の塩焼き

 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

2020年の正月、お飾りのつもりだった「鯛の塩焼き」がめっちゃ美味しかったので、今年も作ろうかと。

塩の効いた焼き魚って、日本酒にやっぱり最高なんですよー。

ほんと、幸せ感じちゃいます。

 

仕込み

処理済みの連子鯛(小さい鯛)が安かったので、ガッチリ塩をし、2日ほど冷蔵庫で放置。

大晦日は、焼くだけ

飾り塩をやり変えたら丁寧ですが、ズボラにそのまんま焼いちゃいました。

弱火でじーっくり・・がポイントでしょうか。

何度かひっくり返し、しっかり火を通し・・

出来上がり

冷めても美味しいのですが、おせち作り・詰めと頑張る博士の今夜のアテに一尾は奉納しよう。

海老も焼いとこ

27日に来た活海老、数尾は竹串を刺して冷凍しておいた。(塩はしてない)

それを、鯛の後しっかりグリルで焼いて・・

やはり一部は博士に奉納しつつも、明日の「焼き物皿」は完成したのでした。

尾頭つきがあると、おめでたさが出ますなー。しかも手軽で最高です!

 

味見しましたけど、「古来の塩焼き鯛」の味かなって思います。

ガッチリ塩が効いていて、ちょっぴりでも日本酒のアテになり。

ちなみに一昨年の鯛は薄塩でふっくらして美味でしたが、これはこれで旨味が凝縮した感じでなんとも良いのです。

僕は大好きです!!

博士

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 博士めし , 2021 All Rights Reserved.