うちご飯中心の つれづれ日記

スポンサードリンク


英訳つきお節レビュー・一ノ重

 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

では、参ります。

お節レビュー・一ノ重

上側のお重(一の重と呼ぶ)から。

我が家では元旦儀式の時、お節を一品づつ「食べる意味を添えながら」家長が配りいただきます。

実家で慣れ親しんだ儀式なのだが、祖父や父の解釈とだいぶ違った博士独自の毎年変わるコメントも添えてお送りします。

長いよ!英訳つき内容紹介とレビュー

Black bean(黒豆):Work diligently until it turns black (without worrying about dirt)And,the black color is also thought to have an apotropaic effect.  黒くなるまで(汚れを気にせず)こまめに働くように、また黒い色は厄除してくれると考えられています。

皺なくプルンと、歳を重ねましょう。

博士

むっちり&甘さも程良い。こりゃ自分至上最高の黒豆と言える!

わたし

Kinton-Mashed sweet potatoes(きんとん):From the yellow color, dishes that wish for good luck and game luck.  黄色から、金運や財運を呼び込む料理とされています。

巨万の富を、2人で分け合おう(謎

博士

焼き芋の優しい味は、大晦日でほぼ無くなった人気モノに。酔った後のちょい甘味に最高!リピート確定。

わたし

Vinegar lotus(酢蓮):A lucky charm that “looks ahead” from its shape. その形から「先の見通しが良い」縁起物。

嫌なことはスルーと全部流していこう。

博士

そ、そうね。今回はカリッとじゃなくもっちりした酢蓮になった。明太子詰めるの省略しちゃったw

わたし

Sardines and walnuts(田づくり):A long time ago, when sardines were used as fertilizer for rice fields, it became a very good harvest, so it came to be called “tazukuri” after making rice fields. その昔、イワシを田んぼの肥料にしたところ大変豊作になったことから、田を作ることにちなみ「田作り」と呼ばれるように。

海のモノも山のモノも、みんな仲良くしよう2022!

博士

チリメンジャコ田づくり、大成功。雑味が少なく軽い口当たりで、いつも長く残るのにあっという間に売り切れに。止まらない美味しさでリピ確定!

わたし

Herring roe(数の子):Since herring has a large number of eggs, it is used in New Year dishes with the hope that “I hope that many children will be blessed” and “I hope that my family will prosper for generations.” ニシンは非常に多くの卵を持つことから、「たくさんの子に恵まれますように」「我が家が代々栄えますように」と願っておせち料理に使われています。

数えきれない栄光を味わおう2022!

博士

2022シリーズ(汗。白だしの味ですが、無難に美味しく仕上がりました、ええ。

わたし

Radish, carrot and mackerel yuzu vinegar(さんとう:膾に塩さばを混ぜたモノ):Red and white is a representation of Mizuhiki, a celebration of red and white, with carrots and radishes. It is a lucky dish that wishes for peace. 紅と白のお祝いの水引を、人参と大根で表現したものが紅白なますです。 平和を願う縁起物のお料理。

青魚のように青臭く、知ったかぶりをしないで行こう。

博士

(だいぶ酔ってきたな)。レモン酢のおかげか、博士の蘊蓄に反し、臭みを全然感じない美味しいさんとうになってた。レモン酢、NICE!

わたし

Pickled oysters in oil(牡蠣のオイル漬け):Great for wine knobs! これはツマミに最高なので入れたw

見た目に惑わされないことが大事。岩みたいな見た目でも中身はこんなに美味しいものが入っています(牡蠣のこと)。

博士

安定の美味しさ。毎日食べたいくらいの最高のアテ!

わたし

Lily bulb(百合根・梅酢漬け):The lily root is said to be a symbol of auspiciousness because its bulbs overlap like petals, which leads to “getting older” or “harmony”. 百合根は鱗茎が花びらのように重なり合っていることから「歳を重ねる」あるいは「和合(仲が良いこと)」に通じるとされ、吉祥の象徴とされている。

百合は綺麗だけど、根っこまでこんなに美味しいことは見た目では分からない。見えないところに本当の素晴らしさがあるかもね。

博士

綺麗で上品な味、素敵な箸休めになった。これまたリピしたい。

わたし

あとは

Crab miso(蟹味噌)

Salted red radish(ラディッシュの塩漬け)


入れ忘れててごめん、酢ごぼう

Vinegar burdock(酢ごぼう):Burdock is thin and long and firmly rooted in the ground, so it is considered to be an auspicious ingredient with the wish that “houses and businesses should firmly take root in the land and be stable”. ごぼうは細く長く地中にしっかり根を張るため「家や家業がその土地にしっかり根付き安定するように」という願いが込められ縁起の良い食材とされています。

長いモノには巻かれて生きよう!2022。(だいぶいい調子)

博士

準備編で紹介できなかった酢ごぼう。今年はレンジでらっきょ酢・すりごま・鷹の爪でピリ辛パリパリに仕上げました(博士がw)。美味しかった!!

わたし

ではでは、ニノ重行きますか。

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 博士めし , 2022 All Rights Reserved.